入ってからもいろいろあったけれど、そのたびに相談の場を設けてくれた

入ってからもいろいろあったけれど、そのたびに相談の場を設けてくれた

子どもが不登校になってから「どうしたらいいものか…」と毎日不安だらけでした。「フリースクール」を検索しましたが、小学生は高学年からとなっているところがほとんどで、さらに沈んでいた時、「不登校を考える会」で偶然隣に座ったお母さんがPUPPEの利用者でした。PUPPEのことを聞き、「ここはどうだろうか」と申し込みました。本人が「続けたい」と言ったので「救われた…」と思いました。入ってからもいろいろありましたが、そのたびに相談の場を設けて頂きとても助かっています。...
親子共々大変心強い存在になった

親子共々大変心強い存在になった

娘が学校に行きたくないと言い出した頃は、この先が不安で仕方ありませんでした。そんな時、新聞記事でPUPPEのことを知り、体験を兼ねて相談に行きました。...
小学校以外の居場所や家族以外に話せる人とつながりたい

小学校以外の居場所や家族以外に話せる人とつながりたい

二回目の不登校が始まったとき、子どもから「もう学校に行かない」という言葉を聞いて、親の私も“不登校を選択する”覚悟ができました。それならば小学校以外の居場所や家族以外に話せる人とつながりたいと思い、フリースペースを探し、他の同様施設も体験した後、PUPPEは子どもに合っていたようで通所できるようになり、親としても安心しました。子どももバスで一人で通うことをはじめ、一人で挑戦したり、お友達と一緒なら行動範囲も広くなり、そのようなお友達と出会えたことも嬉しいなと思います。...
毎日不安定だった娘の状態も徐々に落ち着きました

毎日不安定だった娘の状態も徐々に落ち着きました

不登校になり、これからのことを悩んでいた時に、PUPPEの存在を教えてもらい、すぐに体験のお話を聞きに行かせてもらいました。本人もとても気に入ってそのまま入会しました。毎日不安定だった娘の状態も徐々に落ち着いていき、今では休みの日が寂しいというくらい毎日楽しみに通っています。...