PUPPE母娘の徒然日記6

PUPPE母娘の徒然日記6

不登校あるある!?<何故か行事には参加する>(娘編) 娘のターンです。 「普段の学校は行けないけど行事には参加できる」 まさに不登校あるあるですね(´- `*) きっと一般的には「え、行事の方がハードル高くない?」って思うと思います。しかし、ここが不登校児の感覚。「いつもとは違うから行ける」のです。「いつもの学校」って、当たり前だけど毎日来ている子達が作り上げた空気感とか、暗黙の了解みたいなものとかがあります。この中に飛び込むのは物凄く勇気とエネルギーが必要なのです。...
PUPPE母娘の徒然日記4

PUPPE母娘の徒然日記4

『子どもがつらい時、大人がするのは励ますことじゃない;』(娘編) 娘のターンです。母へ向けて。 子どもが学校を嫌がるようになったら、やっぱり親は心配になるんですね。でも実は、子どもとしては親が思っているほど、学校にいかないことで生じる(と思われている)問題は気にしていなかったりします(‘∀’) 例えばね、 大人「学校行かないと勉強遅れちゃうよ。小学校の勉強できないと大人になって困るよ」 ↑実際に困ったときに考えます(^^)ご心配ありがとう。 大人「学校いかないで将来は?どうするの?」...
PUPPE母娘の徒然日記4

PUPPE母娘の徒然日記2

『休み明けの気分は?』(娘編) 娘のターンです(^^) 前回の記事の母の疑問『 娘は休み明けをどのようにとらえていたのでしょうか? 』についてお話しようと思います。 私は小学校1年生の頃から学校が苦手だったのですが(この辺はまた追々お話ししますね~)低学年(学校ヤダヤダ期)中~高学年(居場所みっけた?期)で夏休み明けのとらえ方が違った気がします。 まずは低学年。とにかく学校がしんどくて、毎朝泣きながら登校していた時期です。...