ある日、西瓜星から西瓜太郎と西瓜姫がPUPPEにやってきました。そこには、メッセージが!!

西瓜太郎&西瓜姫

子どもたちは、どうしたら太郎と姫の重さを予測できるか考えました。『比べる物があればいいんだけど・・・。』ということで、重そうな茶釜と水の入ったペットボトルを3本用意しました。

考え中!!

何度も、茶釜を持ち上げたりペットボトルを持ち上げたりして西瓜と比べます。

お釜の重さは2.6㎏

どちらが重たい?! 

ペットボトル3本は何キロ?

みんなで考えました。

一人ずつ、重さを比べて

予想していきます。

私は、何キロにしようかな?

みんな予想したところで・・・・。どうやって、太郎と姫の重さを量ろう!? 体重計は5キロから、キッチンにあるはかりは1キロまでしか量れません;スタッフに「西瓜持って乗って!」「そしたら西瓜持たないで乗って!」というプッペっ子。スタッフの体重+西瓜の重さ-スタッフの体重=西瓜の重さということで、西瓜をもって体重計に乗り、次に何も持たず体重計に乗ったスタッフでした(笑;)

西瓜持って乗って!!

西瓜の重さが分かったところで、一人ひとりの誤差を計算してスイカ割りの順番が決まりました。「誤差なし」ビンゴのプッペっ子もいました。

誤差はいくつ?

会場を屋上に移し、雨の合間を縫ってスイカ割りの始まりです。

構えは良し!!

皆の声を聞きながら狙いを定め、「いいよ!!」の掛け声で、バシッ!!と振り下ろします。当たった💛

どこ行くの?

初めてのスイカ割で大はしゃぎのプッペっ子もいます。(スイカは後ろだよ^^;)

皆で試食♪

美味しそうな西瓜は切ってみんなで頂きました。西瓜星は苺農家さんの冷蔵庫にあり、スイカ割り用にプッペっ子にとっておいてくれたものでした。いつも、子ども達のことを考えて下さって、本当に感謝感謝です^^今月末には、苺作業があります。まだまだ暑いかもしれませんが、頑張りましょうね。